客観的な立場からの評価

  • 2006/07/24(月) 18:32:54

プロスポーツ選手を見て…例えば日夲代表に対して、

あれじゃダメ(世界に通用しない)だ!

…と言う場合。
発言者はこんな非難が浴びせられもする。

自分の事を棚に上げて!(非難するのは悪だ)」

…と。



仮に、「自分なら、あんな失態はしない(自分の方が上だ)」と、
自惚れた傲慢な意図であるならば、努力してその地位にいる
代表選手に失礼であるし、酷い見下しであろう。
叱責されてしかるべきである。

しかし、多くのスポーツ観戦者は…代表選手から漏れた選手に
代表以上の才能を見出しそれを評価している場合を除いて…、
現時点で最高のメンバーが集結している事を、当然の事として
前提にしているはずだ。

そこでの「ダメだ」という評価に、それを言った者に対して、
傲慢な自己認識が伴っている…などと断じるべきであろうか?(反語)



では
「足を知る」「自分基準」を絶対視して、戒め、常にそれに基づいた
他者評価をせねばならない…とするべきであろうか?

…であるならば、
相手が自分より秀でている事が明らかであることによって、
大衆側は「必ず世界一になれる!」等々と、誇大に
応援・評価すべきなのだろうか? …それこそ歪んでいる。

代表落選者ですら、凡百の観戦者よりは確実に優秀である。




…と言うのも、今回のワールドカップの日本代表に対する評価なり
期待なり事前評価を他人事として聞いていて、そのようなものを
漠と感じたから。

政治においても、自分で考えることを放棄して、現政権を絶対的に
支持する者にもそのような傾向を見出す。
政権批判する者の意見も聞かずに、反対意見であることだけを
理由に、「反対は良くない」と。「ダメだダメだではダメだ」と。

反対のための反対はなんら建設的なものは無い。しかし、代替案も
あり、明確なデメリットを指摘しても、それらを無視し、反証足り
得ない明確な理由も検証も、なんら説明もせずに、無言で強行する
そんな政治を支持していて、「ダメだダメだはダメだ」よりも
ましだ…などと言えようか?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する