映画靖国上映拒否。そんな日夲

  • 2008/04/03(木) 12:34:40

その問題を、私ならこう斬る。


「日夲の警察に国民を守る意識がないからだ!」
…と。

普通、外交上面白くない相手国の要人であっても、
国はその者を全力で国民(一部団体)から守ります。

そのような勢力は少なからず居ますからね。


しかし、今回のような場合、
右翼偏向の政府にあって、右翼団体に甘い行政傾向が想定される。
左翼であれば、ビラ配りでも逮捕有罪の中でありながら、
右翼の妨害活動は放置されたままであろう…と、国民の側が、
映画館の側が、そう判断せざるを得ない状況にあるって事だ。
(家を放火されても自業自得とすら言われるほどの状況)

警察の威信と、国家の信頼が、根本から揺らいでいるのだ。

「言論の自由」云々よりも、よほど危機的な状況にある。
そのようなマスコミ主張に対して、なんだが脳天気にすら
聞こえる。自己利権にしか感心無いのね…。



警察は一般市民を右翼団体・暴力団の連中から守ってくれない。
この国の法治(放置)システムは、そのように暴力による言論弾圧を
事実上野放しにしているかにみえる。これで、法治国家だ と
言えるのだろうか?

映画館のある各県警府警は、その事を少しも「恥ずかしい」とは
思わないのだろうか?!

威信が揺らいでるんですよ?!

「威信を懸けて守る!」程度の事すら言えないの?!

…情けない限りである。

続きを読む