情報の対価は、みな負担すべきか

  • 2010/09/18(土) 12:00:23


「情報がタダなんて考えるアホが増えて困る」


そんな言説が、
さも当たり前のように公言されるようになった。


では、

例えば、災害情報は?

「人の命を左右するくらい有益な情報だから、
 それ相応の対価を取るのが正当だ。」


…とでも、そのうちに言われるようになるのかもしれない。


それを払える者だけが、生き残ればいい。

それを怠るような奴は、ケチるような奴は、
どうせ無益な存在なのだから、死んでくれて結構。


そんな話に発展するのも、そう遠くないことなのかも知れない。




図書館にまで、受益者負担の原則を投げかけられて久しい。

もちろん、娯楽小説を図書館で購入する意味を疑うし、
それ目的で利用するのも問題がある気もする。
過去の流行を事後に検証する価値のあるものを、
営業に影響しない程度に遅れて購入するとか。

発行部数を伸ばすために、こんな所にまで出版が営業(圧力)をかけたのか、
質の悪い利用者たるクレーマーに館が屈したのか…は、私には判らない。



商業目的である映画などの情報に、対価を払うのは当然であろう。

しかし、TVなどのマスメディアは、対価を自ら負担して(?)それ、
およびそれに類似した娯楽(ドラマ、アニメetc)情報を、無料で
放映している。なにか矛盾を感じる。



では、対価を取るべき情報って何だろう?

その情報を得て利益があるようなもの?
であるなら、株価に影響を与えそうな事前情報でしょうか?
それって、なんだかグレーな気がする。


身体的不利益を取り除く医学情報?
アカデミズムの情報は、経路は馴染み無くとも、情報自体は
開かれている。閉ざされているものは、宗教がかった民間療法
の類のような気もする。


学校教育は、将来役に立つ情報を提供しているのだから、
対価は欠かせない? むしろ、学校教育は個人にとっては
無益だからこそ、無償で構わないのかも知れない
(個人的な無益と社会にとっての有益は価値相反しない)。

故に、個人的利得(優位性の確保)を目的とした学習塾は
有償で構わなく、私的な理念の拡散を目的とする私学は
助成する必要は無い。有償・高額で良いのかも知れない。



私には、
対価を取るべき情報なんてものは、時限性という共通点
しか見あたらない。いずれ風化する情報を、先んじて得る
その為の対価…。


インターネットの違法アップロード問題と、既存の商業圏
との問題も、解決の糸口は、そこにこそあるのではないか
と私には思える。

賑わい始めるミルグラム効果

  • 2010/09/17(金) 19:47:41


最近よく見るようになってきたミルグラム効果という形容。

スタンリー・ミルグラムがそれを発表したのが1963年だそうだから、
何を今さらな感が。



何故、今まで眠っていたのだろうのか?
日本にはその考えが輸入されなかったのだろうか?
日本は遅れていたのだろうか?


そうではないと思う。



それを先に手に入れた支配者層が利用したのが、
ミルグラム効果の逆の効用
だったのだろう。

つまり、
どの様にすれば、社員を迷い無く従順に働かせることができるか。
迷いを懐かせないようにできるか。…最大限に利用してきたのだろう。



なればこそ、
そう利用してきたからこその、今のこの社蓄の量産された現状。
リストラの蔓延。差別的な下請けイジメの連鎖。

ミルグラム効果の残酷さは、それが不都合な支配者層によって、
意識的にネグられてきたのではないだろうか…?




それが、今になってようやく、
平民の目に届くところにまで降りてきた。それが今、
ということなのだろう。


民主主義とはバカに責任を被せる政治システム

  • 2010/09/16(木) 19:41:37

例えば、もし潰したい意見があれば、
その主張している者の中からバカを一人、祭り上げればよい。


そいつはバカだから放っておいても、勝手に失言か失態を演じる。
後は、そのバカさと共に、その主張やイデオロギーを抱き合わせて
共に社会的に抹殺すれば終了。


大衆はその政治ショー(と言っても対象は政治家だけではない)を見て、
自らの行動を改める。空気を読み、人の振り見て…、ああはなるまい。


そして、その生贄候補を炙り出すための「表現の自由」





為政者が悪政を強行する時も同じ。実質的な首謀者は影に隠れ、
旗振りをするピエロを一人立てておけば安泰。
愚鈍な大衆が、施行に遅れて、悪政の実態に気付いた時には、
そのとき旗振りをしていたピエロを悪の権化と扱き下ろせば、
実質その悪政の恩恵に最大限預かっていた者が標的にされる
ことはまずない。



これは、ネズミ講のような詐欺が繰り返されるのと似ている。


詐欺の主体は当然逮捕される
が、その下では、騙された者の中にも、
比較的早く参入した者は、確実にその恩恵に預かっているものだ。
ピラミッドの中腹で、被害者と加害者の線引きは、非常に難しい。

それを逆手に取れば、被害者の立場を取りながら、常に利得者でも
あり続ける存在
も居るはずだ。そのようなグレーの立場にある者を
淘汰することができないからこそ、ネズミ講のような詐欺は、
その頭を変えて、何度も繰り返されることになる。


民主主義国家の行く末も、そのような立場にある者によって、
方向付けられてゆくのでしょう。