政治利用って結論に導きたいのか?

  • 2009/12/19(土) 12:13:13

自民党もマスコミも、政権批判のためであろうけれど…、

「天皇の政治利用だ」

そう叫べば叫ぶほど、
「中国が特別扱いされた」ということが既成事実として
固定化してゆくことが判って言っているのだろうか?


単に「事務手続きの不手際だ」そういう論理で糾弾して
さえいれば、そのようなことには発展してゆかないのに…。


事務手続きの不手際として糾弾しても、天皇軽視だという
バッシングは可能であるし、それによって、支持母体と
期待できる右翼を引き込むことだってできるのに…。

「火遊びが火事になる」
の例えのようだ。

馬鹿なのか…それとももしかして本心は逆なのか…。



靖国問題においても、これは同じだった。

無理な国粋主義的固執を貫くかの如きパフォーマンス
によって、せっかく回復しかけていた靖国への尊崇を、
結果的に貶めることになってしまった。

多くの俄右翼を左翼側へ追いやってしまった側面も
無視できない。

日本の安全保障

  • 2009/12/13(日) 12:32:09

自民党が言うように、日米関係が〜、
アメリカの決めたことに少しでもケチをつけたら、
直ちに日米同盟が崩壊する
ような関係〜であるならば、

そんな相手が、日本の有事に行動を起こしてくれる
保証は、極めて少ない…と考えざるを得ない。


であるならば、
そんな危うい日米同盟にいつまでも頼っているよりも、
この際ハッキリさせた方が国益になるのではあるまいか。

されるはずのない「米軍の支援」という幻想を維持
するためだけのコストとして、今の支援は見合うのか。
有事において真に日本を守れる環境を構築する道を、
永遠に先送りにすることに他ならない訳でもある。

有事を引き起こさないためにすべき覚悟においても。



アメリカのご機嫌伺いのために右往左往しているかにも
見える自民党議員がテレビの前で憂慮してみせてくれる
ほどに、海外の視線も日本の防衛力を見くびるようになって
ゆくばかりだろう。当人らは、アメリカの威を借る狐として
日本の安全性を高めるための行動である…そう信じている
のだとしても…。





日米同盟…その関係の強さ太さを測る意味も含めて、
今問題とされている米軍移基地転には、結論の先延ばし
でも、ゴネでも、全くの無駄だとは言えないのかも
しれないない。とすら思える。


少なくとも、交渉事として、有利な駆け引きを期待するならば、
国民の側の強い支持のあることを示すべきであろうのに…。

はたして、マスコミは、どっちの見方をしているのだろう。
あたかも日本が妥協することを望んでいるかのように、
先に折れるべきだとでも言うような論調が占めている。
これではアメリカを利するばかりだ。

国の意志決定のありかた

  • 2009/12/11(金) 18:08:07

マスコミは結局、独裁者を求めているのだろうか?

曖昧な発言を逐一拾い上げて不安を煽る報道を見ていて思う。

「意志決定の過程を明らかにする」ということは、
「決まっていない情報が漏れてくる」ということに
等しいものであるはずだ。


あんたらは、それを求めていたのではなかったのか?!



自民党時代はそれで矛盾はない。小泉政権以降は特に、
強烈なトップダウンを求めていたのだから…。

トップが決めたことは矛盾や誤りがあっても押し通す。
国会に提出された法案は、原文通り通さなければ、
敗北だと考えるような価値観で運営されていた。

その前提のままであれば、大臣、総理が発した言葉は
直ちに「言質」となってしまうので、矛盾を突かれても、
屁理屈を捻り出してでも「矛盾はない!」と、一貫性が
揺らいでいないことを主張し続けていなければならなかった。


そんな状態とは、逆に見れば、大臣の発言は、ほとんど全てが
「予言」の言葉でもあり、その言葉に従って判断していれば、
大抵のことは間違いない。
そんな習い性ができてしまっている
のだろう。だから、その発言に確実性を疑わせるものがあったり、
幅を持たせた発言があったり、部分部分を抜き出せば矛盾だと
思えるような箇所
があったならば、彼らは不安で不安で仕方が
ないのだろう。


結局、自民党時代の「常識」が通用しないことに、苛立ちを
感じている〜といったところなのだろう。





密室での意志決定を攻撃し、意志決定の場を明らかにせよ
との定番の批判は、結局なんだったのだろうか?



結局、公開か非公開かなどは全く関係なく、自分にとって
都合が良いか悪いかだけで判断しているのだろう。
しかしながら、利己的な理由では表だって反対できないから、
大衆を煽動し易い手頃な理由として、例えば「密室政治」や
「発言のぶれ」などの一貫性の無い理由が、その場凌ぎで
持ち出されてくることになる。結局、そんなところなのでは。

続きを読む