一目惚れと世界の中心

  • 2006/07/21(金) 12:14:28

脳の顔領域に顔情報を記憶しているのだが、そこでの検索は、
「平均顔」を作成し、それとの相異によって検索を効率化
しているのだ…という理論のあることをガッテンで紹介していた。

そのような仮説のあることを知らなかったが、同じ実感を持っていた。


それを「一目惚れ」の生じるメカニズムの根拠として。


人は生きて行く中で脳内の情報検索の効率化のためであろう…
平均顔…私は理想顔と呼んでいたが…を脳に作り上げる。
個人個人の持つその「平均顔」にそっくりな人間に出逢えば、
過去に出会ったことのあるような既視感を伴って「一目惚れ
するのだろう…と。



ここまでを聞いて、平均と理想が一致する事に違和感を覚えるであろう
が、
一人一人が音痴であれ合唱する事によって聞ける歌になるという事例
や、
コンピューターの発達によって、様々な計算結果として「美人」とは
平均顔である事が計算結果として、昨今しばしば、いろんな場面で
指摘されるようになっているではないか…と補足したい。


「平均顔」を「理想顔」と受け取りそれを求める傾向は、言い換えると、
世界の中心に向かう内向性でもある。





極論すれば、
「医学的・統計的平均と自らを一致させることを理想とする価値観」
とも同じ傾向であると言えよう。それは、規格大量生産社会を
基礎付ける価値観でもある。社会主義だ資本主義だと呼び分けても、
両者に共通する物流支配構造を成立させた20世紀の価値観であろう…。

動機には健康のためだとか長生きのためだと言っても、個体差を無視した
その行為の帰結には、行為者の期待する見返りなどは無い。多くの者には。

競争原理…柵を作らない

  • 2006/07/15(土) 18:01:36

「アメリカはグランドキャニオンに柵を作らない

小沢一郎の国家像として、しばし引用される言葉だ。
そして、この言葉によって、小泉改革路線と同列に扱われる。
何故、そのようなレッテル貼りが平然と繰り返されるのだろうか…?

彼は、
「スクランブル交差点のど真ん中のマンホールのフタを外したままにしろ」
と言っているのではない。
小泉改革路線をあえて表するのなら、そのようなものであろうのに。


リストラを押し進め、非正規雇用への置き換えを進めた。
それは、グランドキャニオンのような市街から離れた広野の観光地に
例えられるようなものではない。
通学路に市街地に併設された用水路が蓋もされずに放置されている
ようなものだ。
落ちた者は自業自得。国や自治体が責任を負うべきものではない…と
宣言しているようなもの。

労働基準法のイロハも知らない末端の工員を、「派遣」の荒波に
叩き落した。弁護士何人も雇えるような大企業と、義務教育も
おぼつかないか弱い個人との間で対等な交渉など出来ようはずもない。
大多数の場面では。


柵のないグランドキャニオン…それに対応されるべきものは、
あえて試練に向かうベンチャー企業や、新規事業開拓が求められる
拡大路線を改めない大企業の責任者らが負うべきリスクであろう。

汚名挽回って言ったっていいじゃん

  • 2006/07/12(水) 21:46:10

「汚名挽回」…しばし誤用されるこの言葉を、
なにもこの世から根絶する必要はない。

「悪い評判を取り戻す」

言葉の意味を考えて、

用法として間違っているものは、是正してゆく必要はある
のだろうけれど、全く使えない言葉ではない。
その言葉が意味の通りに使われているのであれば、
意味の通りに理解すればいいだけだ。


例えば、お笑い芸人。彼らはその悪評を芸として飯を食っている。
悪い評判を解消してしまえば、仕事が無くなる。そんなことされて
しまえば、営業妨害だ!! …とも言えるわけだ。

その場合、是非とも「汚名を挽回」しなければならないのだから。





ちなみに…
混用という意味では、「全然、大丈夫」と類似する成り立ちでは。
通用「全然」に続くのは否定的表現であるのであるが、俗に
肯定的に使われている。