ブームは起こせなくとも、ブームを起こす素地は準備できるかと

  • 2007/01/30(火) 21:04:44

ブームはどう始まりどう終わるのか (岩波アクティブ新書)
中川 右介
岩波書店 (2004/01)
売り上げランキング: 124552

ブームというのは人為的には起こせないと言うが、
選択肢にポジティブアクションしかないのであれば
そうかも知れないが、実際そうではない。

大衆は“長期的な渇望”に晒されれば、
枯布が水を吸うように飛びつくようになるものだ。

著者が小泉ブームを一過性のもののように描いて、
「小泉劇場」を予測できなかったのは、その面で
よく分かる。





私が思うに、例えば、
世紀末から女性が「女性らしく」女の武器を磨き始めたことは、
女らしさに目覚めたからではないと考えている。

女性の社会権が認められないまま、抱いた夢が夢のまま
あまりにも長く放置されてきたが故の、絶望の現れである
とその因果を見立てている。

その「絶望」を見てきた子供たちが、鼻から男性と同じ土俵で
戦うことを愚かしく感じ、考え、「女らしく」生きることを、
「賢い」と考えるに至ったのだろう。


世紀末前後から、いわゆる「おねえキャラ」として、
オカマタレントの支持が上昇した。あれは、

女として、女性の性としての「らしさ」などよりも、
男性が求める「女らしさ」をこそ、身につけることを
望んでいることの現れだろう。

自分が考える女らしさが、男性の側で考える女らしさ
だとは限らないわけで、いくら自分がカッコイイ、
カワイイと思っていても、モテなければ、ただの勘違い。
無駄な努力だ と言った論法が立つわけだ。



2003年の選挙での敗北は、
保守の危機感を煽ると同時に、欲求不満を押し付けた。
そのはけ口としての総選挙がブームになるのは予想可能。
のみならず、人為的操作の範疇も小さくはないはず。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

ブームはどう始まりどう終わるのか:実体験

題名に魅かれて読んでみました。 「ブームはどう始まりどう終わるのか」。 経済・...



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する