「社会」の再獲得までの道のり

  • 2010/06/07(月) 20:15:42

〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)
宇野 重規
岩波書店
売り上げランキング: 6069


話、半分まで読んで、何を今更?

20年前からタイムスリップしていた人の発言?

…なんて感じてしまった。


三章からの政治との絡み、四章以降の提言は、
確かに、この後における「社会」の再獲得の
処方箋になっているように見えなくもない。
論理的には、正しい結論であろう。



しかし、著者が本書で なんども参照した
マルクスの同時代人である
トクヴィルの説いた「平等化」
ではなく、
マルクス主義が当世人のリアリティに適合し、
彼の論が重んじられることはなかったのか…を、
彼なりに、整合性を持って理解されているのだろうか?


確かに、不平等感の顕在化が、平等化を推し進めた結果
であったとしても、それが単に実感の問題だったとしても、
その不平等感は、不平等感のままで、実際の不平等状態
自体が拡大することはない
と言い切れるだろうか?
そんな保証はない。現に拡大していると考えるべきであろう。
定義できてない不平等は、存在していないわけではないのだ。

学者が定義できず、狼狽えている間に、庶民の実感は、
現実の不平等は、拡大しているかもしれないのだ。いや、
新たな別の壁によって覆い隠されたまま、着実に拡大
している…と私は考えている。


幾らかの人が、個別に指摘しつつあるように。




新たな「社会」の獲得は、著者の言うような
リスペクトの配分なんて手法で獲得されることはない

というのが私の予想だ。いや、現実的な予測だ。

理想として、著者の言うような手順を この社会が辿るならば、
それは その方が良い。理想的だとは思う。思うがしかし、
もはや手遅れだ…というのが私の見立て。


新たな「社会」の獲得は、このような手順を経ると
私は考えている。つまり、


見えないまま拡大する不平等によって富を得た一部の勢力が、
その個人的野心の実現のための「物語」が、核として作られる
であろう。
というのが私の見立てだ。
生存権すら脅かされるに至った諸個人が、初めは生きるための
他にはない選択肢として、やむにやまれず追い込まれる形で
あろうが、「物語」に参加する。それに続き、自らでは夢も物語も
神話も描けない個々人が、そのような「物語」によって役割を得、
自らの存在の意味を得る。生きる喜びも得ることになるであろう。

結果、自己を投影する対象として、自ら選ぶ。そんな「物語」が、
参与する対象と成るであろう。


その延長線上として、組織は社会へと拡大する。



もちろん、そのようなものが、いきなり社会にとって
自明なものとして現出するわけではない。
凡百の一として
すでの萌芽しているそれが、勢力争いの結果として、
結果としてそこにあるものとなる。その時点でも、未だ
社会とは言えないような弱小集団であったとしても、

個人が個人として分断された環境の中で、砂粒を雪だるま式に
吸着する粘土として働き、一気にふくれあがることになるであろう。


これは、高度経済成長によって日本企業の終身雇用神話が
作られていった過程とも、さほど変わらないはずだ。

軍国主義の時代、天皇に意識を直結させる事によって
個人で完結していた国民
が、その接続を断たれ、
個人として砂粒のように解き放たれた国民が、急速に
企業という未知であるはずの集団へ回収されていった。


道徳や規範のようなものは、しばしば「昔から」そうだった
と理解されるが、実際はそうではない。これもその一つであろう。



今の「平等」の意識など、何故そのようなものを信じていたのか
理解できないほど唐突に、蒸発してしまうだろう。

戦後、何故天皇を現人神と信仰していたのか理解できなくなったように。

ただ、平等という言葉そのものが理解できなくなる訳ではない。
ここで言っているのは、一億層中流の幻想を共有していられた
あの頃に戻ることはできない…と言う意味においてだ。


一巡して、再び同じ状況に辿り着くことができたとしても、
それはまた別の経路を辿ってそ、こに辿り着くことになるだろう。
そして、全く新しい、過去に無いものとして理解するのだろう。
バブルの時代を生きた者がその平等を、戦前の天皇の前の
平等
や、江戸時代の庶民中での相互補助としての平等と、
決して同じ平等だとは、再び獲得したものだとは、見なさない。
…見なさなかったように…。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する