彼岸の実在する社会では

  • 2009/09/19(土) 12:52:27

英国などの中世。王と民衆が旧宗教の元で統治している間、
ともかく祭司の地位を確保した大陸から派遣されてくる
新教キリスト教司祭。

彼の現地で負った役割は、何れ本国へ帰ることを見越して、
現地のモック・キングの役割を、大衆の前で演じてみせる
ことによって、共存関係にあったのではなかろうか。いや、
大衆を欺き統治する共犯関係にあると言えなくもない。

手品的トリックを使って…火刑のような派手なショーで…、
大衆の前で死んでみせていたのではなかろうか。


司祭は現地で形式上死ぬことによって故郷へ帰ることが出来るし、
それまでの人気の間、王に代わる統治を行うことも出来る。
一石二鳥であるのみならず、王家も統治のために一族を
あえて死なせる必要もない。Win-Winの共存関係ともなっている。
二度と目の前に現れないという意味において、生物学的な
死ではなくとも、社会的には間違いなく死んでいるし、
それを疑わせる存在も「この世」には確かにはもはや居ない。




これと似たような関係に、日本の封建時代も…この言葉を
私は日本神話に語られる皇族の天下りを含め想定している…
あったのではなかろうか。と考えている。その名残としての、
日本の彼岸観であり、盆の風習を見立ててみる。

神や死者の霊は「帰って行く」。此処とは別の何処かに
生きて(存在して)いるとしている。それが仏教の来世観
とともに、中央政府の親族が、統治のために派遣されてくる
ことと意味の上で集合する。そこから帰り、また新しく
派遣されてくる方を導くための送火・灯火。また、現地で
死んだとして帰り、二度と戻ってこない彼らの「郷里」は、
地に縛られた農民らにとっての正に極楽浄土であり、
二度と戻ることが無くとも、死ぬ前に一度は行ってみたい
場所(メッカ)として、死んだことにして身の回りを整理して
旅立つことを望むような場所として、「死出の旅」へと
旅だった者も居たろう。また、病や老衰で正に死なんとする
者が、最後の未練として彼岸への旅立ちを望み、それを
見守る者達が、儀式的に、バーチャル的に、死出の旅を
演出脚色して、死の看取りと旅の見送りとを重ね合わせて
考える考え方が、集合し、根深く定着していったので
あろうと考えてみる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する