私学助成金批判

  • 2009/08/30(日) 12:54:56

例えば、

宗教学校は信者を量産する人間工場でもある
訳なので、その学校運営は、信者によって
支えられるべきであろう。税金投入することなく。


私立学校も似たようなもの。
宗教ほどではないにしろ、創立者の理念や方針に
基づいた人材を育成するという目標に沿って
運営されているのだから。同じく人間工場である。
OBやその元で働く恩恵に預かる者の寄付によって、
運営されるべきであろう。

それらは、学閥のような形で生涯に渡って人脈を
大きく左右するような現状を併せて考えれば、
もはや宗教と言って良いような側面も読み取る
ことも可能であろう。



これは、個人個人が受けた恩を、どこへ返すか
といった価値観に繋がってゆく。



そこで、
国とは、基本的にそういった繋がりからあぶれたものを
下から総てすくい上げるような存在だと見なされる
ようになればいい。…そう私は考えている。

極端な話、孤児などは天皇を親として見立てるくらいに。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/15(日) 16:29:15


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する