尻子玉考

  • 2009/05/09(土) 12:19:31

尻子玉…カッパが取るというソレ。

これは、民話「こぶとりじいさん」と同類のものとして
考えられないだろうか?

あれは、鬼として形容されたのは、外科的に整形手術を
行えるだけの文化を保有した異文化交流物語なのだ

として解釈もできよう。

同じように、尻子玉…疣痔のような肛門系の問題を
解決された体験が物語
となっているのだ…と
考えられないだろうか。


ひとつ問題なのは、こぶとりじいさんはある意味
ハッピーエンドの福受の物語として描かれているが、
尻子玉の話では、それを取られた者が腑抜けにされる
とされるのは何故だろう?
 ということ。
快便できることはかなりの福受だと思うのだが。

そこで考える。

「尻の穴のゆるんだ奴」という言葉があるように、
肛門系の疾患を患う者は、そもそもにおいて
腑抜けの要素があった
のではなかろうか。
そのような者への、ある意味で延命…が、
伝統的村の文化というか、規範意識に対する
挑戦
となっており、そのような行為を行う者を、
社会的に貶めなければならなかったから…と
考えてはどうだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する