上下関係

  • 2009/01/24(土) 18:04:53

日頃、他人の下で働くのは嫌だ…と、言っている
にもかかわらず、目下からの指摘に抗うのは、矛盾だ。
その態度は、他人を使う資質を自ら放棄するようなもの。

多くの場合、目下の人間の正論というものは、
目上の人間から「教育」された結果であるはずだ。

それは、自分でセットした目覚まし時計が鳴って、
時計に命令されて不愉快だと憤慨するようなものだ。

理性的に考えれば、自分の成した結果であり、
自己判断・自己決定の結果としての早起きである
として、自らの意志決定を誇るべき場面であろう。


そのようなものを、端から他人からの命令だと受け止め、
拒絶してゆく態度を繰り返してゆけば、自分がこれまで
考え、教え諭してきた総ては、自ら考え導いた経験は、
最終的には総て、他人からの命令として失ってしまう

結果にしかなり得ない。


目下の者が正論を吐けば、そこでいちいちイラッと
する必要など無く、それによって自尊心をいちいち
傷つけられるのも、幼稚であり、愚かであろう。



「ありがとう」と素直に答え、感謝によって
その価値観を今後も守るように促すとともに、

俺の教育の結果だ…と、指示が行き届いているのだ…、
自尊心を擽り、高め、確信する機会
として積み重ねて
ゆけばよい。

現実的にそれが自分の指導に寄ったものであったか
どうかなんて細かいことだ。いちいち憶えている
ことなんてそもそもできやしないし、そんなケチな
ことに労力を費やすのも無益なことだ。

目下の者も、自分が誉められれば無碍に否定する
こともあるまいし、それを繰り返すうちに実際どう
であったかなんて、繰り返しの中で当人も判らなくなる。

現実にお陰かどうかなど関係なく、その都度誉めて
くれる目上の相手に親近感を持つであろうし、
それと関係なく感謝と尊敬は高まってゆくであろう。

その関係の中では、共に高められてゆく。



理由が何であれ、目上の者が目下の者の正論を、
若造の無知だとか、甘さだとか理由をつけて
頭ごなしに否定してゆけば、
目上の者が尊敬を得られることもなく、また
目下の者の自尊心は砕かれる。
なにより正直に生きることを疑わせる。


良い上下関係が培われてゆく事もなく、組織として
不和と破滅の道を落ちてゆくことになろう。

「自分で考えろ」という言葉は正論であり、
その態度のもたらす果実も小さくないとしても、
その言葉が使われるべき箇所は、ここではない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する