形態ギャグと健康

  • 2006/10/05(木) 21:21:04

奇抜な動きが流行する。それは時に下品な動きだったりする。

最近ではHGという芸人の腰振り。同時に
あるある探検隊をネタとするレギュラーという芸人も、
そのブレイクに「腰振り」が下支えしていたのかも。

それを下品だからだとして、簡単に否定して良いものか…。

流行るだけの潜在的な必然性があるのだとしたら、
力で封殺することは、その病理を治癒する機械を失う
事にもなりかねない。



例えばそれら形態ギャグが、日常的に使われていない眠っている筋肉を
使った動きになっているの…ではなかろうか。人はそれを見た瞬間、
脳内のミラー細胞が活性化し、連鎖的に、その神経が、使われて
いなかった部位を刺激し、ストレッチに似た「快感」を見る者に
与えているのではなかろうか。

現在流行しているその動きは、
腸腰筋や大腰筋の動きであって、その老化・弱体化は
今流行のメタボリック・シンドロームとも深い関係性が見出せよう。



一昔前の「シェー」や、「コマネチ」にも通じるものが
あるような気がする。

「シェー」に関して言えば、肩こりを癒すストレッチと類似性が高く、
ホワイトカラーやコンベアー作業員らが急増する時代背景が見立て
られるよう。
「コマネチ」は、そこにある主要なリンパ節を刺激する動きでもある。
国民の免疫機能が全般的に落ち、アトピー・アレルギーが問題として
表面化した時代でもある。


その時代の病理との関連性も見えてくるような気がしないだろうか?

東洋医学からすれば内臓器官などと密接な関係を持っているとされている訳で、
そこで刺激される指の細かなつぼの配置が、時代の病理と関連性が見出せる
のだとしたら、「ゲッツ!」や「ガチョ〜ン」等にも、有意な関連性が見出せる
のかもしれない。…そう考えるととても興味深い。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する