私の使う「間引き」の言葉

  • 2006/09/27(水) 23:42:39

この言葉は新生児殺害…それも出産直後の処分…を指す
言葉としての意味が強いが、元々農業技法の一つであった
のではないかと考えている。

私が思うに、農業の「抜き菜」のような行為であって、
林業の「間伐」をも含む幅広い言葉であったように思う。


だから、私がこの言葉を使うとき、新生児処分のみを指さない。

青年であれ、成人であれ、老人であれ、
例えば口減らしのために、または一部の搾取層の豪遊のためであれ、
弱い者を死に追いやる直接的間接的行為全般を「間引き」と呼ぶ。


ホロコーストのような直接的な行為は勿論の事、昨今この日本でも
進められているように、警察が取り締まりを厳しくし、微罪でも
犯罪の網に掛け、犯罪者の烙印を押す。社会的制裁によって、
職を失い地域社会からも阻害されるように追い込むことによって、
労働階級層を調整するようなことも、「間引き」であろう。

この日本では、犯罪者は一律極悪人であるという宗教的異端の如き
存在となるので、そのように免職されたものは、以後、社会的な
援助が受けられない存在となってしまう。親族関係に余裕のある
富裕層でもなければ、経歴を問わないような比較的劣悪な労働環境から
抜け出せることはないだろう。身寄りがなければ、新たに住居も持てず
ホームレスになるしかない。借りられないから。


マスコミは治安悪化をことさら吹聴し、それを世論の支持たる
「大義」として、警察は取りやすい弱者にばかりその牙を向ける。
中間層を少しずつ中間層から「間引き」して、アンダークラスに
追い落とす事によって調整している。そこでの構成が三割を切った
頃には、マジョリティは非正規雇用とブルジョアとなっており、
そこはマイノリティとして数の理論で潰されるだろう。収入の良い
その労働階級層は増税ターゲットになっているだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する