無意味で無駄な「妥協」

  • 2008/05/31(土) 12:12:44

自民党の言う「妥協」…「ココまで折れた」「呑んだ」

その言葉の中身を“夏の旅行”に喩えるならば、
山に行くと決めている自民、海に行きたい民主。とする。
山に行くことは全く変えずに、ただ「旅の栞」に河原遊びや
水泳の時間を入れて、その調整で、スケジュールの6割りも
書き換えてやったのだぞ! …と恩着せするようなものだ。


その動機が、遠い山よりも近場の海で、ガソリン代のかかる
車での移動より、電車での移動の可能な海にしようという
ものであるならば、そのような「恩着せ」も、妥協というより
ただ無駄に負担を重くするだけだ。
既に決めているキャンプ地から河原までのさらなる無駄な
路程と、支出の拡大と、無駄な拘束時間ができるだけ。
そのような「妥協」は、あればあるほど、ただ迷惑なだけだ。

決して誇れるようなものではない。なにより「妥協」とは呼べない。
その独りよがりな「調整」に、どれほどの労力を費やしたとしても、
どれほどの「妥協」で自らのプランを泣く泣く削ったのだとしても。




その与党議員のどこか感情的な吐露を聞いて、その心情に嘘が無い
のであったとしても、上記のような光景を、感じざるを得ない。

一挙両得を目指すのが政治の取るべき妥協や協議であるはずなのに、
今の自民党の政治を見ていて、一挙両得ならぬ一挙両損…いや、
国民を含めた“三方一両損”かもしれない。いや、間違えた。
政治家はメンツが潰れても経済的な損失は何もない。割りを食うのは
ただ国民だけだ。…正しくは“一方三両損”か。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する