「大人」ってなんだ

  • 2006/08/24(木) 12:13:53

昨今
哀川翔が理想的な大人として語られたりもする。


しかし、その理想とされる行為は、「大人」だから
ではなく、これまでなら「子ども」と言われていた
形質によってもたらされているのではないか。

彼は大人になっても「子どもっぽい理想」を持ち続けているから、
大人としても「悪いことは悪い」とハッキリ言えるのだろう。

「大人」とは、「世の中複雑で理想通りに行かない事を知った者」
だとされてきた高度成長期以降の価値観にしたがっていれば、
そんなきれい事は言えないだろう。自らに後ろ暗くて心苦しくて、
言っても躊躇してしまう。その「言い澱み」を子どもは見逃さない。
よほど腹黒い者でなければ、子どもを謀れない。


彼はあの歳で昆虫大好きでカブトムシを飼っていたりするらしい。
そんな子どもっぽい「子どもと共通する価値観」を持っており、
同じ土俵で…逃げることなく…ある意味では大人気無く…、
子どもを組み伏すのだろう。その力の差によって子どもの尊敬を
引き出す。それは単に大人の成人としての腕力と、ただ長生きした
という経験差とによって…であったとしても。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する