周囲の幸せに…

  • 2008/04/29(火) 06:27:39

「周囲の幸せを喜べる人になろう」
…と、しばし教訓される。しかし、



周囲の幸せを、成功を、

喜ばなくったっていいじゃない!
妬んだって、つまらなく思ったって…。

ただ、嫉妬の炎を燃え上がらせなければ、
ただ、恨みの念をつのらせなければ、



それを押し殺して、
「幸せを喜んでいるふり」なんかを無理してしようとするから、

後ろ向きな感情が、心の内側で沸々と沸き上がり、
ドロドロと醸成されてしまうのではなかろうか。

だからむしろ、
すっきり嫉み、すっきり文句を愚痴ってしまった方が、
さっぱりと相手を許容できるようになるのではなかろうか。


相手を許容し、驚異に思うことも無ければ、
相手の些細な言動や、他愛のないたち振る舞いに過敏になって、
いちいちトゲトゲ感情を逆立てられることだって無くなるだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する