「働かざる者食うべからず」

  • 2006/08/30(水) 18:56:59

この言葉が“all or nothing”を意味しているのであれば、
酷く民主主義に悖る非人間的な言葉になる。

しかし、程度問題を説いているのであれば、至極真っ当な
言葉であろう。

動物は総じて、運動量に相応したカロリーをオーバーして
摂取すれば、必ず、健康状態に異常を来す。
「生活習慣病」というのはその最たるものであるが…。


働かない者…運動量の少ない者…は、その者の健康を考えても、
食べる量を控える事が慣用である。至極当選の話として。


働きの悪い者…稼ぎの少ない者…には、食事を一切食べる権利など無い!
そう断じてしまうのであれば、それはただの弱肉強食。間引き社会に
他ならない。




ちなみに、その“対極の形”がバブル前の日本を支配していた。
いわゆる「悪平等」だ。

学校給食の場で、「公平・平等」のスローガンの元、
個々人の体格差に関係無く、一切均等に分けて盛りつけ、
誰もが綺麗に残さず食べなさい! という道徳をも押しつける。

背丈も胃袋の小さな音無しい子どもにしてみれば、一種の拷問であり、
体格も大きく落ち着きの無い子どもにしてみれば、とても満足の
できない忍耐であったろう。

「食べた分だけ動け」という先行投資的な発想から、
「動かない子どもが怠慢なのだ」という論理もあったろうが、
度が過ぎている。

均等配分にそこまで執着し拘っていたのには、教師世代において、
戦中・戦後の物の無かった時代における国の配給制度の影が
強く残っていた…というのもあろう。
「残さず食べる」という感謝を仕付ける意識と共に。

そして、
親・祖父は、子・孫に、自らが空腹で満足に食べられなかった記憶を
一方的に投影し、執拗に「食べよ」「食べよ」と無理強いした。
親孝行お爺ちゃん孝行の子どもほど、無理しても笑顔で口にしたろう。

もちろんその後のTVゲーム等室内娯楽の充実や、幼き頃からの受験勉強
によって机に縛り付けられている事も大きな問題である。消費エネルギーは
減りながら、摂取カロリーは闇雲に増え続ける。

成人病(生活習慣病)が低年齢化し、子どもにこれほどの健康被害が出るのも
ある意味で必然だった。

親を尊敬せず、それに逆らう“我が儘な子”が増えていったことも、
「体と会話して、体に無理してまで食べようとしない」ように振る舞う
ためには、その問題を深刻化させないために必要な「本能」だった
のかもしれない…。あの時点(1980年前後)においては。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する