メディア史と「人種」感

  • 2007/11/30(金) 20:02:18

前記事「戦中生まれの占領教育世代って感じ。」「人種意識の構築を準備した時代背景
の続き。以下の書に対する私感。



著者は、「白人優越人種論」とでも言うべき傲慢な価値観を
基礎付けた者としてブルーメンバッハを糾弾し、
その約80年前のフランソワ・ベニエルの時代では、人種を
色で分類するようなことはなかったのに…と。
発展史観を絶対的な前提とでもしたように、それを歪めた
ブルーメンバッハを諸悪の根元のように槍玉に上げる。


私の考えでは、その歴史的転向をそのようには解釈しない。
普通に「技術史に平行した時代なりの考え方だなぁ…」と
思うに過ぎない。
メディア史と「人種」感
多色刷りが歴史的にどのような需要と供給の関係にあったのか、印刷に利用される
原色としてのインクの技術史的な背景を的確に提示できるような知識に裏打ち
されているものではありませんが…。




私に言わせれば、これは技術史の系譜で読み解く。

ベニエルの時代に色の言及がなかったのは、
それが白黒印刷メディアの中心時代であったからであろう。
もっと言えば、活版印刷で大衆化した刊行物の時代から、
加えてエッチングなどの技術で、文字だけでない挿し絵本の
普及が始まっている時代でなかろうか。

リンネの時代に人種を単純な色分けで分類されたのは、その時点で
さらに多色刷りが普及しはじめていたのではなかろうか。限定品
としての彩色本ってものはそれ以前にもあったろうが。

故に、印刷で使われる基本色としての原色に偏重した思考パターンが
その中で形成されていったのも分かる。



社会環境が、フルカラー印刷による雑誌広告メディアと、
カラー放送によるTVメディアの大マスメディア状態に
ある今、白…真っ白であることが、印刷メディア時代における
印刷前の紙の色がそうであるような“万物の素体”であることを
意味しなくなっている。万物をありのままに表現するための
前提としての、表現媒体たる紙を如何に白く漂白するか…を
意識することもない。加工技術によって、過去の藁半紙のように、
すぐに光で酸化し「黄化(黄禍)」する現象を、日常的に見かける
ことも無くなった。

逆に言うと、「白人」が優秀だと言い得たのは、著者が言うように
「白≒正義」を代表にあげるような言葉の中に組み込まれた価値観
と言う以上に、紙メディア時代を背景にした価値観だとも言い得る。



そして、
TVメディアの時代。黄色とは、カラースペクトルの中心である。
ある意味での中華思想の根元的な場所にある。

作者は「黄色に描かれる西洋人」を、単に「白色でない」という
だけの意味で評価し、それ以上の言及…なぜ黄色なのか…には
全く言及していない。「白≒正義(有色≒悪)」のみを怖れていて、
そうでなければ何でも良い…といった感じすら伺える。

しかし、「何故黄色か」を考えると、無視できない問題がそこに
秘められているように思う。私は。





人種対立を煽る優性論の如きものは、いつの時代にも
権力者が作り上げようとする小細工である。

気をつけなければならないのは、そのように作られた言葉を
強権的に「言葉狩り」し、安心を得ようとすることではなく。

そのような賞味期限の切れた、権力基盤の役割を終えた言葉に
執着を示すのではなく、

新しく権力基盤に利用されそうな言葉に敏感にアンテナを広げ、
抑止の意識を忘れないように努力することだ。


昨今の時勢で懸念するのは、テロリズムに対する過剰な恐怖と、
イスラム原理主義をテロリズムの同義語のように扱うことだ。

中東人を犯罪者扱いするここ10年のアメリカの態度は、
前世紀アメリカの「黄禍論」とさほど変わりのない
偏見に満ちた人種的蔑視であろう。


「黄禍論」を客観的に地球人的視野から糾弾するのであれば、
同じように、テロリズムに対する過剰な抑止活動にも、異論を
唱えているのだろうか? 私は唱えるべきだと考える。が、
そのような視野はこの書には織り込まれていない。

日本人の立場から狭量に自己利益最大化を叫ぶだけならば、
「黄禍論」を糾弾するその同じ口で、テロとの戦争を叫んでも、
自己利益の観点からは矛盾はないだろう。なんら。
でも、客観的視点からは明らかに矛盾している。
ダブルスタンダードで二枚舌だ。



多数派を構築し、運命共同体だと錯覚させる屁理屈なら何でも良い。
それが自尊心と結びつけば強固となる。

それが正しいか過っているかは関係ない。自らがその「多数派」に
…民主主義前提でなければ多数派でなくともよい…「神の陣営」に
所属しているかいないかだけが重要となる。その屁理屈の根拠に
存在しているのは、科学的・論理的説得力でなくともよい。
例えば軍事力のような暴力的な絶対性でも根拠足りうる。そこでは
黒も白と言い得る。

とは言っても、常に「力」だけで優劣が決するわけではない。

故に、弱者の側にあると自覚する者は、常に、論理的正しさを
優位とする価値観を守り、力を持つ者を除いた残りの側で
多数派工作に尽力するしかない。力を持つ者をクリアに際立たせ、
その陣営を切り崩しゆくことで、多数派を形成するような手段で。



追記>
西洋の密教(?)的な存在…カバラーでの
「生命の樹」とも「さかさまの樹」とも言われる
10のセフィロトを並べたものがある。
それぞれ色で割り振られたあの中心構造は、人間の内面構造を
示しているのだけれども、同時に色の合色の法則をも模している。
第6セフィラ・ティファレトを中心とした6つの関係がそれ。
ちなにみ至高の三角形(1〜3)はモノクロの世界。

それがこのような体系化された頃が、問題の時期とおおよそ重なる。


これは、本来光の3原色の合色の法則ではなく、色の三原色で混色する
その法則をメインに据えていることから、顔料を操作する側の論理
によって構築されているであろうことが伺える。逆に世界を意味する
第十のセフィラが四色(虹色≒全色)を象徴していることから、
光の世界と色の世界(現実と内面世界)の鏡面の関係を、これに
担わせているのだろう。


そもそも自然界から既にある色を選択肢対応させ配色していた時代から、
絵画の素材としての絵の具が不自由なく充実した頃か、それが問題なく
混色できることが当たり前になった頃、そのような立場にいた者の
頭の中では、すでにこのような「哲学」は構築されていたろう。

顔料(絵の具)の歴史は、発光ダイオードが光の三原色を手に入れるまで
の歴史に比すればあまりに長い。複雑な過程を経ていて私には未だよく
判らない/知らない。自然界から得た「色」は混ぜることで複雑な化学反応
を来たし、合色の原理にそぐわない奇怪な変化を複雑に様々に示してきた。


このような「哲学」が一般的意味を持ち得た時代がどこかに比定できる
かどうかも、実はそれほど自信はない。
ただ、論理的に指摘できる可能性だけを示して、備忘録としておきたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する