何故ミクなのか…追記

  • 2007/11/19(月) 19:35:04

何故、2007年…初音ミクだったのか。
との問いに対しての追記。…前記事「人の声の範疇

一昔前のいわゆる「外国人はみんな同じに見える」ってヤツ。

慣れている領域では、その微細な違いが嫌なほど判るが、
その微細な違いを見分ける能力を既に持っているはずの
その者が、あまり見慣れない外国人を見比べても、
みな同じように見えてしまうというもの。

そのような「経験のズレ」とでも言うようなものが
音の世界にあってもあるのではないか…。と提示してみる。


慣れ(経験量)と判定確度


具体的に図で示してみて、上図のa,b,c…仮にロボっぽさとでも
言うべきものを客観値として測定できるとして…それが仮に
「ab≒bc」として測定できたものとしてみる。
しかし、経験によって判定確度のことなるそれらが、個人の
主観的基準としてa',b',c'とも測れるとする。

この場合の「ab<<a'b'」であり「ac<a'c'」として
a'は「かなりヒトっぽい」けれど、b'c'は「全然ロボっぽい」と、
その技術進歩とはズレた評価が行われる。

この図によって可能性を指摘してみた。



そして、図では「可聴領域」と大胆に書いてしまってあるけれど、
そこから外れた音が実際に聞こえないわけではない。

人には単純に高いだけ(低いだけ)ってだけで、ヒトぽいかどうかを
判定してしまう別の基準もヒトにはある…古代では異民族を
同じ人間であるにも関わらず禽獣扱いしえた段階もあったわけで…
必要以上に高い(低い)声を、それだけで人の声の範疇から外して
しまう判定を備えて(構築して)いるもの。
不要な処理はエネルギー効率の関係からも、脳は積極的に排除する。
それが「慣れ」ってものだろう。

これをあえて記したのは、ここ10年〜20年の間に、オタクと
呼ばれる層を中心に、その趣向範囲が拡大している可能性を
指摘し、このように描いてみた。

図の可聴領域Aから可聴領域Bへとその範囲をスライドさせている。

とすると、「何故、初音ミクなのか?」という流行の現象に対する
答えが見えるように思われる。


記憶の経験値・存在分布と判定確度


この図でのx軸は…何で置き換えてもよいのだけれど…未定
前の図と上図との関係は、この図のz軸方向にロボっぽさを引いた
形で見立てて欲しい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する