幕末における文化的断絶

  • 2007/09/17(月) 12:14:23

日本はなぜ「和魂洋才」のようなツギハギへ流れていったのか…


江戸幕府は早くから外交は行いたのだが、海外からの外交官と接し、
天下国家を論じ合う中で、その国力や国家管理制度の合理性を前に、
思うに「対等に創部できない」「勝てない」と悟ったのでは。
いや、思い知ったのだろう。昨今の日本の政治家のように。

だから、彼ら政治家であり官僚でもある武士達は、その自らの
起源である武士…剣士であり兵士である本分をもって、彼ら
軟弱な海外の交渉者らに対する優位性を示そうとしたのでは
なかろうか。自慰的に。逃避的に。陰ドーダ的に。


その為政者の中での武士足ろうとする態度が、言論が、
子や大衆に伝播して、幕末・明治維新の剣道道場が繁盛して
いたのではなかろうか。陰ドーダの陽転。
そして、それにこそアイデンティティを見いだし、その場での
優秀さを実戦・立ち会いで勝ち取り、揺るぎ無い自信を持ち得た
その道の実力者…多くが下級武士達…を実政治の道へと走らせた
のであろう。

そのようにして、日本の政治は、本来の政治・行政をになうべき
頭脳を失ってしまったのではなかろうか。陽ドーダの作る空気に
逆らえず、理が情に負け、問答無用となり、半ばクーデターのように、
陽ドーダの申し子たる剣士らによって、政治中枢を乗っ取られて
しまう事によって。


しかし、国として諸外国と渡り合い、国内を統治するには
何らかの仕組みが無ければ回らない。そこで安易に諸外国の
制度を継ぎ接ぎして生まれたのが明治新政府ってことなのでは。

政治的実力を伴わない彼らは、先達のように異敵の政治制度に
コンプレックスを感じることもなかったが故に、陰ドーダを発動
することもなく、素直にそれらを受け容れていった。

ここに政治的制度的連続性が断たれる。

故に、江戸の知識が多く失われる事になった。



…ってのはどうだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/12/16(金) 23:55:31


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する