「少年法」廃止の声が高まっているが…

  • 2007/06/29(金) 21:34:35

「少年法」
それが更正を目的にしているということは、逆に言えば、
更正できない人間を社会に出さない根拠にもなりうる。

であるのに…、それを廃止するなんて本末転倒だ。


それを無くしてしまえば、先天的に問題の多い人間を
“今のように”簡単に社会に出してしまう事にも
なってしまうではないか?!

少年法を無くすのではなく、ただ、運用を厳格化するよう、
国民はそれを求めるべきであろう。



再犯の高い人間が一年二年で出てきてしまうのは、
更正ができていないってことだろう。






公共事業の問題にしてもそう。小泉時代以降、提示される
問題の本質がどこか転倒している。国民には危険な方向へ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する