「きれい事言うな!」

  • 2006/07/05(水) 21:38:41

その言葉は、
いわゆる「親心」と「常識」とを混同している。

きれい事を守ろうという意志を「常識として否定」してしまえば、
社会が成り立たなくなる。

親心は親心として理解を示しても、悪は悪。犯罪は犯罪、
汚いことは汚いこととして、きちんと否定されるべきだ。


例え犯罪を犯しても、人を殺しても、愛する者が生きながらえる
ためには、脱法も情としては当然であろう。正当防衛というのも
あろう。
しかし、罪は罪だ。
生きるためにやむを得ない。生活のためにやむを得ない。
家族のためにやむを得ない。家族の幸せのためにやむを得ない。
今の生活水準を落とさないためにはやむをえない。

年収数千万で羨む生活を送っていても「やむを得ない」で
犯罪に手を染めてしまう。それを正当化させる言い訳とも
なってしまう。

そうとも解さないと、汚職・談合、詐欺・インサイダー取引等々の
蔓延っているこの世をどう思おう。悪の権化に満たされている
のだとは思えないし思いたくもない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する