民主主義とはバカに責任を被せる政治システム

  • 2010/09/16(木) 19:41:37

例えば、もし潰したい意見があれば、
その主張している者の中からバカを一人、祭り上げればよい。


そいつはバカだから放っておいても、勝手に失言か失態を演じる。
後は、そのバカさと共に、その主張やイデオロギーを抱き合わせて
共に社会的に抹殺すれば終了。


大衆はその政治ショー(と言っても対象は政治家だけではない)を見て、
自らの行動を改める。空気を読み、人の振り見て…、ああはなるまい。


そして、その生贄候補を炙り出すための「表現の自由」





為政者が悪政を強行する時も同じ。実質的な首謀者は影に隠れ、
旗振りをするピエロを一人立てておけば安泰。
愚鈍な大衆が、施行に遅れて、悪政の実態に気付いた時には、
そのとき旗振りをしていたピエロを悪の権化と扱き下ろせば、
実質その悪政の恩恵に最大限預かっていた者が標的にされる
ことはまずない。



これは、ネズミ講のような詐欺が繰り返されるのと似ている。


詐欺の主体は当然逮捕される
が、その下では、騙された者の中にも、
比較的早く参入した者は、確実にその恩恵に預かっているものだ。
ピラミッドの中腹で、被害者と加害者の線引きは、非常に難しい。

それを逆手に取れば、被害者の立場を取りながら、常に利得者でも
あり続ける存在
も居るはずだ。そのようなグレーの立場にある者を
淘汰することができないからこそ、ネズミ講のような詐欺は、
その頭を変えて、何度も繰り返されることになる。


民主主義国家の行く末も、そのような立場にある者によって、
方向付けられてゆくのでしょう。