社会人の安定志向強まる…って言っても、

  • 2010/05/30(日) 12:52:47

某所の希望アンケート

年功序列41% ←37%('09) ←32%('08)
能力主義35%


年功序列を求めている若者が増えているんですって。


この対比。今実際に問われているのは、
当時と同じ「能力差を評価に反映すべきかどうか」…ではなく、
「社員教育有り、無し」の差 なのではなかろうか。

単純な能力主義の会社は、自己責任で社員教育はしない。

それよりは、
年功序列の中で、目上の者が目下の者をしっかり指導する

そんな会社の方が理想…だと考えていることの結果であろう。

能力主義の言葉の持つ意味が、時代とともに、
変わった。現実の実態に伴って変わってしまっている。


一部では、能力主義の名の下で、社員教育を自己責任に帰し、
社員間の協力関係を築けないようにしてしまった。

そうなれば、
「能力主義」より「年功序列」を求めるようになるのは、自明だ。




本来の能力主義は、
社員一人一人の能力差を上司がしっかりと認識し、
指導必要な者に教育を施し、社員全体の組織全体の
生産力を上げるためのもの
だろう。

そのようなインセンティブを挫く「悪平等」と、それに伴い
個々人の努力が評価されないかの如き錯覚を社員に
与えないようにするためには、給与に多少の色を付ける
程度でも十分機能する。


そのようなものとして、求められていたはずだ
…と思う。



しかしながら、
能力の無い指導者が、自らの指導録の無さ、
無能・無責任を誤魔化すための手段
として、
それは取り入れられた。

放任主義の元に、自己勉強に任せれば良い として、
責任者・指導者・現場監督が、その責任を放棄し、
その無責任を誤魔化すためのものとして、
広まってしまった。


それに加えて、
待遇格差を大きくすればするほど、社員が勝手に
有能になるだろう
…と、たかをくくってきたことと、
すべてを若者の無気力と無責任に帰して説明すれば、
とりあえずの説明は辻褄があって見えた
ことによって、
長年、放置され続けてきた。

責任の無い者が、その地位に比例して無籍に(責任が無い)なのは、
言葉通りに当然である。…にもかかわらず、身分不相応の責任を
「無責任な若者」に、背負わしてきた。立場の強い者が弱い者に責任を被せ、
立場の強い者ほど、無責任(背負うべき枷が無い)になっていった。


その結果としてのこの数値だろう。


稼ぐ奴は、自分の実入りだけ考え、稼ぐだけ稼いだら、
それ故に傾いた会社を捨てて去ってゆく。
いつも必ず会社の利益と社員個人の利益が比例するとは
限らないのだ。それは、派遣置き換えの問題でも逆向きに同じ。