政治資金による土地購入とは

  • 2010/01/24(日) 12:48:45



なぜ政治資金による土地購入を悪だとしようとしているか?


それは
今後、政権交代可能な本格的な新党立ち上げを
無し難くするため。…であろう。


本格的に政権を担いうる政党ならば、政党支部なり
本部なりの拠点が欠かせないだろう。それ無くして
政権奪取などなしえるだろうか?

キャスティングボートを握るために政治的手段として
使い捨ての政党を国会対策の一環として作るようなものは
これに含めない。





移ろいやすい「民意」の中にあっても、
政権交代や、息のかかっていない人間の作った
急造政党に政権が取られる可能性を、できうる限り
潰しておきたいのであろう。


自民党長期政権を維持してきたような、官僚支配の
政治構造を再構築するためには、政権交代可能な
民意を反映させ得るような政治体制ではダメ…
なのだろう。



だからこそ、
政治資金による土地購入を、小沢の悪人イメージを利用して、
今の内に「違法なもの」だとする「常識」を醸成し、
できうるならば、立法にまで漕ぎ着けたい…と
もくろんでいるに違いない。と思われる。


それを、違法ということにしてしまえば、新党立ち上げから
政権党を担えるまでの政党組織になるまでには、人材・人脈
のみならず、ハコモノとしての政党組織を準備できなければ
ならない。それを個人献金などで疑惑の持たれない少額な
もののみによってコツコツ蓄財していたとして、はたして
それで何年かかることであろうか?

そしてそのような、タイムラグによって、スパイ潜入や
切り崩し工作に曝されて、とてもクリーンな政党とは
見なし得ない存在になっているであろう。

それは、そのまま潰されるか、首の挿げ替えに利用可能な
旧来の政権党とさほど変わりのないコピー政党になって
いるか。行き着くところは、そのどちらかであろう。


「政治資金で土地購入してるのは小沢だけだ」その言葉は、
逆に言えば、政党を一人で背負う覚悟を持っていたのは、
小沢以外に居なかった…そうも言えることなのではないか?
結果的には民主党に吸収合併されたのであっても…。

聖書ライフル

  • 2010/01/24(日) 08:03:30

米軍、イラク・アフガンで
「キリスト銃」「聖書ライフル」を使用。

20万以上、6億6千万ドル相当


JN8:12(ヨハネ福音書第8章12節)
「私は世の光である。私に従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」