歴史区分私案

  • 2009/09/01(火) 19:01:11

原始	文字情報が無い

古代 当時の風俗を偲ぶに神話による言及程度しかない
中世 文字情報による行政記録が残っている
近世 庶民風俗を留めた文字情報が残っている
現代 特別な教育が無くとも、その時代の文章が読める


以上、私家版定義。


先日読んだ本で、井上章一なる者が、あまりにも
マルクス史観を前提に東京史観批判を繰り返しているのに
ウンザリしたから。

当人、マルクス史観を否定しているくせに、古代か中世かの
分類を、いつまでも奴隷状態の如何によって語るのにむかついた。

東京史観批判には共感する部分もあるし、
時代の流れを価値観の流転として捉えている視点にも、
共通する部分は多いのだけれども…。

日本に古代はあったのか (角川選書)
井上 章一
角川学芸出版
売り上げランキング: 214030