犯罪動機執着報道

  • 2009/05/26(火) 12:21:21

社会にとって、それを脅かす者とは、そもそも
意図が無ければ害が無い
と思っているのだろう。


しかし、実際の所、
意図が無い方が、実害は大きい。



例えば差別。

その差別行動に差別意識があるならば、
一定程度の罪悪感を同時に伴っているであろから、
その抑制のための理屈を構築することも易い。



しかし、その意図…自覚がなければ、
相手に対して差別行動を取っている意識も記憶も無い
が故に、その事実を指摘されても自分の事だとは
夢にも思わない。不当な言いがかりを付けられている
としか受け取れない。自覚が無いから抑制も効かない。


そんなつもりじゃない。全く思っていない。


その主張がどんなに正しくとも。心底から訴えている
のであっても、そうであるが故に、そうであるほど、
当の実害のある差別行動が改まることは無い。

周囲は不愉快な感情を受け続けなければならない。



もちろんこのようなことは、差別においてのみ起きている
ことではない。イジメ、多くの詐欺事犯や 交通事故原因行為
なども、切欠はたいてい そのようなものであろう。