マニアのオタク

  • 2009/01/08(木) 17:43:36

アニメオタクはアニメに何も貢献していない。むしろ害悪だ。
アニメオタクが本当に現実逃避ではなくアニメのことを愛しているのなら、今すぐアニメを見るのをやめて即刻退場することだ。それが一番の貢献だ。


害悪なのは「オタク」ではない。

オタクをそそのかして搾り取った資金を、
もしくはそれを期待し集められた元手を、
クリエーターの創造性に託さずに、

コトナカレ主義で、アンケート主義的な
プロデューサーだとかお偉いさん方が、
企画を保守的にねじ曲げるからだろう。

害悪が表れてしまうのは。



ここでオタクをバッシングし排除してしまうと、
商売が成り立たなくなる。企画自体が成立しなくなる。

つまり、真に問題となっているのは、
よい意味でファンを裏切るような「打算」だ。


ここでの筆者が期待しているような創造性は、
グズをカットすることによって生まれることはない。

グズを積み上げた上に、奇跡的に生まれるものだ。

官僚主義的に選抜してゆけば優秀な者が残る…
なんてのが幻想なのは、もはや自明のことでしょう。


もちろん、逆恨みが昂じて脅迫状を出したり、
テロ的な実力行使に出るならば問題だが、
それを抜きに語れば、
「二匹目の泥鰌」にしか
金を出さない日本の護送船団的な経済環境こそが、
ここで指摘されている問題を引き起こしているのだ。

浅はかなオタクが何を言おうが、ひたすら煽てて
金を毟ればよいだけ
であり、その金をどう次の作品
へ投資するか、どのような人材を育成するかという
知恵のない業界自体の問題であろう。




オタクであろうが、なかろうが、どんな世界にも
保守的で発展を否定するタカ派は居る。
そのような声が大きいだけの粘着質人間を、
オタクの全てであるかのように言うのは
明らかに論理矛盾を胎んでいる。

であるならば、自らでで例示しているような
「優秀な作品」が「オタク」達に支持される
ことすら、そもそも無かったはずだ。

「オタク」の言葉の定義をアンビバレントなまま
使っているからこそ、そのような矛盾が生じる。


少なくとも、金さえ出せば有用。
金出さなければ無用なだけ。
金も出さずに騒ぐならば、やはり害悪であるが。