自負心の所在、自尊心の所在

  • 2008/11/25(火) 12:12:01

昨今の反自虐史観的論争を見ていて改めて思う。

戦後一時期の日本人と、今時の若者の自己認識が。
まったく裏返ってしまっていることを…。

例えばその時代流行した、
石ノ森章太郎の「人造人間キカイダー」に描かれた葛藤は、
自分は強すぎて他人を傷つけてしまう…という絶対的な有能感を
絶対的な前提として、その有り余る力を持て余してしまう。
意図せずに他人を不幸にしてしまう結果を受け容れられない、
どうすれば良いかを決めようのない弱い心だった。


その寓意化は、永井豪の「マジンガーZ」が象徴的だ。
肉体と精神のメタファー


しかし、今時の右巻きの若者には、そのような自己認識は
感じられない。強い軍事力を持たなければ、直ちに海外に占領され、
また、乗っ取られてしまう。ことを怖れている。

自己認識があまりに正反対なのだ。

自分に自信が無いから、自分と関わりのある同じ日本人
のような直接利害関係の対立しない、拒絶される機会が
まず有り得ないような概念を引っぱり出してきて、
「日本人は凄い(自分も凄い)」とやってしまう。

力が有ればそれを使いこなせるであろう絶対的な自負心を
持ちながら、その力が、心が、理想が、正義が貫けないのは、
力が無いからだ。目に見えて判りやすい力を持たなければ
ならない(そうしなければ、やられる)。


…とった、なんとも惨めな心理状況になってしまっている。

自らの行為と意志を捨てて、とにかく強そうな者と同化
しようとしているかのように、為政者の矛盾点に目を瞑り、
サヨクバッシングをし、些細なことにも「売国奴」を見出して、
怖れている。

正にこの状況こそが、戦中の日本人を突き動かしていた
心理的動機とそっくり同じだと言えるのではなかろうか。

続きを読む