中山国交大臣の火の玉発言

  • 2008/09/27(土) 23:39:24

安倍総理の時代から、自民党鷹派の間からは、
なにやら戦後教育批判が上がっているが、

私の実感では、日本を蝕み食いつぶしたのは、
戦後教育の弊害ではなく、戦前から亡霊のように残された、
軍閥的・財閥的・学閥的な、利己的で傲慢なヘゲモニーに
よってだ! と言うべきだ…と思う。

その口先だけのイデオロギーがどんなに異なっていても、
その中身は、実体は、ほとんど同じ。

そんな同類である似たもの同士が、互いに利権を温存したまま、
その利権を醜く奪い合っているだけだ。互いがどんなに相手を
口汚く非難しても、その指摘が正しくても、利権の所有者が
移るだけで、大衆にとっては、なんの利益もメリットもない。

そもそも、日教組に対応しうる教育委員から、民主的・市民的に
機能しうる仕組みを奪ったのは、自民党が行ったことではないか。
公選制から任命制に変えることによって。市民の代弁者たる
特権的地位を不動にしてしまった。競争原理を働かせ権勢しあうよう
し向けるとう手法もあっただろうに、集権化しか頭になかった故で
あろう。そして今なお、労働組合を全般的に憎悪する。



モラルの荒廃は、戦後の個人主義によってではなく、
戦前から一部にあった、利己的・特権的態度が、
隠しきれず上から染み出し、流れ出してきたことによって、
末端にまで傲慢な人間に満ち溢れるようになった…と
見立てるべきだ。

子どもたちは…団塊の世代からの大人たちは、
民主主義教育によってではなく、
権力者の態度を見て、素朴に真似ているのでしょう。

どんなに嘆いてみても、自らを鏡で見ているようなもの。
天に唾するようなもの。


追記>
新大臣は三日で辞めることとなった。

続きを読む