「あらゆる手段を講じ」るからこそ落ちて行く場合…

  • 2008/09/22(月) 21:53:35

私には当たり前すぎるほど当たり前のことだと思うのだけれども、
権威者の言葉を引いてくるようなことまでしなければ、
耳に届くこともないのは何故だろう…。

ITリスクの考え方/佐々木良第3章「リスク」を考えるということ P70 L7〜
すでに述べたように、米国の有名な暗号研究者であり、セキュリテイ・コンサルタントでもあるブルース・シユナイアー氏は九・一一事件の後のテロ対策時に、政府やマスコミの言う「こんなことが繰り返されてはならない。あらゆる手段を講じて再発を防止しなければならない」という発言に対し、そのような言葉に耳を傾けてはならない。これは恐怖にとらわれたものの言葉、典型的なナンセンスである。恐怖を乗り越え、賢明なトレードオフとは何かを考えなければならない」と言っている。これは、どんな対策をとってもテロを完全になくすことは不可能であり、その対策によって生じる新たなリスクとテロのリスクとの間で真剣な比較検討が必要であると言っている。そして、バランスを欠いた対策は、プライバシーや人権の問題を無視したものになるということを言っているのであり、著者は深く共感する。

ITリスクの考え方 (岩波新書 新赤版 1147)
佐々木 良一
岩波書店
売り上げランキング: 11603