空気至上主義

  • 2008/05/11(日) 12:13:09

戦前も大人は例えば天皇が裸の王様だと分かり切った上で、
それを持ち上げていたのだろう。
現人神なんてあるわけないが、縋りたい理想として、
意識的に作り上げていた。

しかし、そこで「裸の王様」を「王様は裸だ」と
言ってしまう子どもをとことん封殺・圧殺してきた。

それが故に、虚構を虚構と考えることもできないまま、
真面目に神の前に自らの命を捧げる者までもが出てくる
ところまで行ってしまう。


そうであるならば、それは現代においても同じだ。


例えば、サンタクロースやディズニーを、いつまでも…
それこそ社会人になるまでも、できれば信じたままで
いて欲しい…と願っている者の存在があるように。

そのような価値観というか、維持の努力の痕跡を
随所に見ることができる。
学校は子どもの楽園だと思い込もうとする大人達とか。


…空気至上主義が蔓延している。

続きを読む