合理化時代の街路樹のように…

  • 2008/04/27(日) 12:04:39

今の政治・行政は、街路樹のようだ。

見えない目立たない「根」を、切り込んでいる。
根を狭い鉢に押し込めながら、

地上部分だけは、羽振り良く、目立たせようとしている
のに似ている。

都心に住民を集めて一元管理すれば、財政抑制になる
と考えているようだ。
手先の数値操作のようなもので、景気が良いと見せかけ、
二極化の実体から目を背け、貯蓄ゼロ世帯を増やした
上前をはねているだけの大企業を、史上最高の黒字だと
好景気の根拠としている。まったく実体がともなっていない。

そんな、小手先で見せかけの剪定をしても、木は枯れる
どんどん弱ってゆくばかりだ。

大風でも来れば、簡単に倒れてしまう。





…災害報道の映像を見ていると、防風林の役割を全く果たせない
街路樹のその姿を見ていると、そこに日夲の今を見る気がしてくる。