なにがクリスタルチルドレン?

  • 2008/04/16(水) 22:32:59

今月のNHKみんなの歌「クリスタルチルドレン」

反省の心は大切だが、なぜそのメッセージが
少なくとも5年前に出せなかったのか…。
憤りを覚える。その猶予は有った。

タリバン→イラクの間、
それは、作品を準備するに十分な猶予期間だったと
見なせるはずだ。

それができたにも関わらず、あえてそれを無視して
尚かつ批判し、押し込めてきた側で、イケシャーシャーと
このような歌を脳天気に流せる…その欺瞞が許せない。
その計算高さが嫌らしい。

戦争・暴力に対する反対意見を「空気」によって圧殺し、
それによって、あたかも共犯関係に仕立ててしまう。

イラク開戦と、それに協力する日本という事に対し、
それに反対し、反対する側に立ちたいと思い、考え、
また叫んでいた者も、少なくなかったろうに…。
しかし、そんな声を翼賛的に抹殺した。
抹殺された事によって、あの時点でそんな声が
あたかもまったく無かったかのように演出されて
しまった。

まるで大多数、全員が、その判断を容認したかの如くに。
そのように、時代の空気が誰も彼もを政権支持へと向かわせて
いたのだ…ということとして、歴史の事実にしてしまう。

この技術なりテクニックなりがあるからこそ、の狼藉だろう。
戦中戦後の流れの中で、その処世術が大成してきた生き証人が、
何の躊躇いも無く、自信を持って、その詐欺的な態度を行えて
しまう。

そういうことなのであろう。




「仕返しなんていらないよ スッキリするのは一瞬だけ」
↑スッキリした側が言う言葉ではない。

「許せる勇気」
その言葉は、敗戦国…戦後日本だからこそ、言って意味があった。
米軍の軍事支援をしてしまった日本に、もはやそんなこと言う資格
なんて無い。

愛?! …傲慢だ。
加害者の責任を負うべき立場にいるにもかかわらず、
こんな歌脳天気に歌っていては、責任放棄以外の何物でもない。

靖国宣伝プログラム

  • 2008/04/16(水) 12:31:15

「反日だ」と、煽れば煽るほど、
実際に見た者は、身構えているので、
「なんだ、それほどでもないやん」と
親日愛日的意識を強めることになるであろう。相対的に。

稲田朋美
有村浩子

…あえて女性を配しているのだろう。
自民党は小泉時代の成功によって
過去の社民的価値観に対抗する要員を、
あえて女性とする戦略に徹している。
これもその一環だろう。