お前は、あんなことを したらあかんぞ

  • 2008/04/05(土) 12:24:57

ホーム突き落とし事件の父親


父は前日の土浦のニュースを子どもと見ている時、
父は子どもに対して
「お前は、あんなことを したらあかんぞ」
といった趣旨の言葉を発したそうだ。


それだ! それはダメだ!
それは 明らかに背中を押す言葉だ。


その言葉は、裏を返せば
「お前は そういうことをしかねない人間だ」
…という意味を同時に含んでいる。
もちろん、父の意図とは別だ。

子どもは不安の中からも前向きに踏み出そうと
している時だ。そんな瞬間に、こんな言葉を
かけられてしまったら、当の子どもは
どう感じるだろうか…?

「ああ。しょせん自分はそういう人間なんだ…」

といった感じではなかろうか。
それが絶大な信頼をしている父親からの言葉である。
そう信じてしまって不思議はない。

仮にそうならば、その後のどんな努力も、どこか
無駄に思えてしまっても不思議ではない。

どうせ無駄ならば、無駄になるのならば、
結局社会に迷惑をかけてしまうならば…、

「ひと思いに罪人となって、刑務所にでも
 入ってしまいたい。」

そここそが、自分に相応しい場所だ。
そう考えたとしても不思議ではない。
私にとっては。

続きを読む