身代わりになるモノ

  • 2008/02/07(木) 12:02:32


普段無自覚に行っている身辺の様々な事に向けられた
心配り。

それは、異常事態において心配事に心が向けられるが故に、
それら心配りの恩寵をうけていた対象はその援助が断たれる。

結果、友人や仕事での約束をすっぽかしたり、
花を枯らしたり、お気に入りのコップを割ってしまったりする。


論理的に扱えば、それら生じた様々な出来事は、
関係の無い“別物”だと言い切れるだろう。全く関係ないだろうと。
しかし、人間として、限りある肉体のある存在として、
絶対に別物などとは言えない関係にある。

故に、その時、その緊急事態において失われたものはやことは
総て、そのために助かった者の“身代わり”でもあり、
それら身代わりとなった存在が、“救ってくれた”のだ
とも言いえる。

その表現になにか間違いがあるだろうか?!



そして、急事において、自らの力を、その救いたい対象、相手に対して、
どれほど、どれだけ、向けることができるのか…は、その指標は、
急事でなく平時において決まってくる。

平時において、その者が、どれほどの多くの対象に心を配っているか
愛を育んでいるか。その量に比例する。

故に、それは身代わりになった対象のおかげであると同時に、
やはり救った当人の力である。のだとも言い得るのである。

このような表現もまた、間違いではない。

そして、ここで記述したような関係が、実際の人物個人の中で
平時意識されていない…ほとんど無意識の中で行われている
配慮や心配りであるので、切った方も切られた方も、ほとんど
意識していない。指摘されても気づかないものである。

それら相関関係を、現実的な因果関係に置き換えて説明することが
あまりにも困難であるが故に、このような関係の存在は、ほとんど
オカルト的な表現に頼るしかない。しかし、表現がオカルト的になる
ことによって、それが現実ではないことだと言えるはずもない。

続きを読む