戌年の一年。媚びた一年。

  • 2006/12/31(日) 23:59:59

7月
 (…これ以前)
理想の経営者…松下幸之助
一人で考えない日本人?
自分で考えるということは
「きれい事言うな!」
汚名挽回って言ったっていいじゃん
競争原理…柵を作らない
一目惚れと世界の中心
この偽善め!って言ってもいいよね?
客観的な立場からの評価
見るもの全て
8月
亀田ファンとOK農場(NO)
清浄化の作法、誕生の過程…
私欲と公益
たとえば保守同士であれ
「りくつをいわない」美徳って…
「刀の目利き」をしてないか?
「大人」ってなんだ
聞くべき「子どもの言葉」
「働かざる者食うべからず」
9月
メオトの価値相対化
少女は革命されたか?
命を賭して
密室から跳んで密室へ
私の使う「間引き」の言葉
オタク狩り
そんなこと
10月
美しい日本語?
目の中に入れても痛くない
傷の舐め合いと共犯関係
治安と権力の反比例
「愛国」を強いられるのは「国の外」にいる者
形態ギャグと健康
逃げ道を封殺する為の安全弁としても
「親王」という字面から
フリーライダーと狩猟採集民
イジメとイタズラを区別せよ
草食動物・食欲優先の果ての選択は…
進化と成長は対立する
履修不足問題
「お荷物が減るからね」
11月
<アダムと天皇/a>
性欲誘発の実
末子成功譚
子どもの自殺に対する大人の言説
配置されるべき「楽園」
「一身独立して、国独立する」?
語られるイジメ加害者の体験談
命の軽視はTVゲームに始まるのか?!
悪態祭…というのがあるらしい
嘲笑制裁
さらしものの必要性もあろうに
我慢と自業自得
12月
インテリジェンス・デザイン
責任を負った指導
差別される職能集団
失われた見えざる教育環境
「辞めろコール」…辞職を贖罪の作法として良いのか?
「反抗期」というのは必要不可欠なものなのか…?
「ノイズ耐性」はどうなっていると言うべきか
「一期一会」ってどういう意味?
大人の態度ってものなのか
「ヤバイ」が誉め言葉となるのは
「国学」ってのは保守なのか?
灰かぶりは雪辱の物語か?
和歌と心
「鏡よ鏡」と問う相手とは…
M−1覇者に見る今の日本

M−1覇者に見る今の日本

  • 2006/12/24(日) 18:30:41

優勝チュートリアルのネタは、

言うなれば「過剰同情」である。

それは、今の時代を至極風刺している。



今の「格差社会問題」の論調も、ただ同情の声を上げているだけ。
問題の実体に一切向かわずに。問題の根本には一切振れずに、
ただ漠然と問題の存在を語っているだけだ。

それはあたかも…
「格差社会って酷いよね(って言ってる私って良い子)
って感じ。

至極、欺瞞に満ちている。



おそらく「雇用の均等待遇」だとか「ワークシェアリング」だとか
「同一労働同一賃金」などを求める社会運動には、一切発展しては
ゆかないだろう。


現に差別されている側がその言葉を発すれば、「甘えだ」とか
「醜い嫉みだ」とか「足を引っ張るな」だとか上段から言われ、
逆に糾弾され圧殺されるだけだ。

そして、正義を語って説得力を持ちうる存在である富裕層も中間層も、
自らの収入が削られることに繋がるような事には、一切口を噤むに
決まっている。
官僚を糾弾するその口で、自らの安泰をその官僚らと同じように
ただ口を濁して逃げるはずだ。

「鏡よ鏡」と問う相手とは…

  • 2006/12/22(金) 21:25:56

美人とは平均顔である
であるならば、鏡で自分の顔ばかりを見ていれば、
その者の感性では、自分がもっとも美しくなるのは
その意味では必定だ。

白雪姫の継母は実母として描かれている場合もあるそうで、
その場合に、旦那と鏡(自分の顔)のみを見ているような
生活をしていれば、両者の特長を備えている実の娘が
もっとも美しい顔となるのもこれまた必定なわけだ。



鏡の無い時代、美しさ(趣向)を作り上げる感性の成熟に…
美人顔を形成する分母の中に自分の顔が含まれては
無かったろう。血統的な連続性を自ら自覚することなく、
自らに似ているかどうかではなく、生まれてから見てきた
顔の総和に似たものに惹かれていただろう。それをこそ
自分の顔として認識していたと言えるかもしれない。

「白雪姫」のような物語は、鏡に対する免疫が文化的に無い時代から、
クリアに像を結ぶガラス鏡が発明され普及する時代への移行期、
その感性の混乱から、この物語は生まれたのではなかろうか。



…とも考えてみたい(いや、物語の中核はもっと起源が古かろうが、
鏡のエピソードが主格として組み直されたろう…という意味で)。