悪態祭…というのがあるらしい

  • 2006/11/28(火) 12:28:02

それは、祭りの際、悪口を言い合い
勝った方にその後一年の福運を得る
…と設定している。


悪口とは言え、
それを言い放つには、対象の相手を深く知っていなければ、
放てない。外見的特徴を論う悪口はその場しのぎに言える
であろうが、所詮底が浅いものだ。すぐに種は尽きてろくな
時間も保たないだろう。何より、そんなものでは相手の心を
深く抉ることは出来ない。つまり負ける。

勝って福運があるかどうかは別にして、ともかく、村民が
その祭りで勝つことを望んでいるのであれば、その村では、
村民同士でお互いに観察し合う態度が自然と芽生える。

そこでは、隣の住民の家族構成すら知らない…というような
現代的都心的無責任な住民意識とは無縁となっているはずだ。





では「誉め合う」ではダメなのだろうか?
おそらくダメだろう。

誉め合うのでは、定型的な徳目やお題目…共通に正しいと
考えられている共同幻想を重ね合う事に終わるだろうからだ。

相手の実体が伴っていようがいまいが、誉める事は可能であり
容易であるからだ。オベッカ・ごますり、太鼓持ちによって
バカ殿と祭り上げる事で政が可能な事と同じで。

公共の場で誉めるという行為は、その者の良い個性を伸ばす
という方向に向かうのではなく、実体的な権力者の趣向に
全体が引き寄せられてしまう蓋然性が高い。

そこでは相手の「実体を観察する」という必要が無い。
言い換えると「個性を知る」という方向には向かわない。


祭という特別なハレの場で、「無礼講」という形で指摘された
それら罵詈雑言は、相手を否定するものではなく、その存在を
ありのままに認め、許容する舞台ともなるであろう。

それぞれがそれぞれに持つ欠点は、その社会の潜在的に持つ弱点を
それぞれに認知し共有する場にもなるわけであり、有事の際に
守るべき場所、警戒する人物等々を、おのおのの頭の中で
危険マップとして構築されることにも繋がろう。




それはともかく、
「運気」を得るというオカルト的な説明を認めなくとも、
勝者には必然的に優越的な将来が期待されるだろう。

「弁が立つ」という技能の優秀さ…だけでなく、どれだけ
多くの情報を頭に納めているか…も計れるのだから、
自治体成員を統合的に見る視点を身につける素養を
持っているのだとも言えるのだから、村長・町長として
将来を待望されること繋がってゆくかも知れない。

まだまだ知っているけど、あえて言わない…という態度を
示すようになれば、黒い権力を握る事になるかもしれない。

神事として神の前で全てを吐き出すことは、それを防止する
側面をも担おう。