見るもの全て

  • 2006/07/25(火) 12:28:25

見るもの全てに怯えないで
明日は来るよ 君のために♪

怯える事と、明日の肯定との間に飛躍があるのが判るだろうか?
が、この歌が流行していた当時にあっては、その飛躍も、説明無しに
当然のこととして埋め合わされ理解されていたのだろう。

この「存在を無条件で全肯定する」かのような、過保護な歌詞を
どう聴くだろう?

今、新しく聞く者には、あたかもニート・ひきこもりのような存在を、
肯定しているかのように受け止められるだろう。だから、あの時代は
軟弱でダメだったのだ…と、現行の問題意識を肯定する材料とすら
なるかもしれない。



しかし、その「確信」が、どんなに承伏し易かろうと、当時の者が
そのように解釈していたわけではあるまい。そこには、

アスファルトに咲く花のように♪


…なる歌詞がある。

決して、ニート・ひきこもりのような温室育ちが、何のチャレンジも無く
ただ全てを拒絶し何もせず閉じこもり、何もかもに怯えている…という
ような者を対象に歌っていないということだ。

その比喩には、
あらゆるものに絶望してしまうほどいろいろなものにチャレンジして、
尽く失敗してきた者の持ちかけた絶望を対象にしているのだろう。
見るもの全てと言うに足るだけのものを見て体験してきているのだ…と。

その、体験と失敗の経験を、無駄ではない…と、それこそが未来への
糧だと財産だと、それでも最後には挫けずに前に進むであろう
「キミ」に対して、明日は来るとエールを送っているのだと。

作詞家の意図がどこにあろうと、そのように解釈され許容された
のであろう。

それ以前の流行歌の文脈からも、野に咲く花というのは、虐げられ
踏みつけられてきた存在を意味を持って歌われてきたのだから。



…とはいえ、メロディラインから音調から、ぬるま湯の楽園の
印象を持っていることも否めない。
ひきこもり肯定の温室時代と、それ以前の弱肉強食時代の実感を
残す最後の世代との分水嶺となる位置に歌われた歌だ…とは
言えるかもしれない。

客観的な立場からの評価

  • 2006/07/24(月) 18:32:54

プロスポーツ選手を見て…例えば日夲代表に対して、

あれじゃダメ(世界に通用しない)だ!

…と言う場合。
発言者はこんな非難が浴びせられもする。

自分の事を棚に上げて!(非難するのは悪だ)」

…と。



仮に、「自分なら、あんな失態はしない(自分の方が上だ)」と、
自惚れた傲慢な意図であるならば、努力してその地位にいる
代表選手に失礼であるし、酷い見下しであろう。
叱責されてしかるべきである。

しかし、多くのスポーツ観戦者は…代表選手から漏れた選手に
代表以上の才能を見出しそれを評価している場合を除いて…、
現時点で最高のメンバーが集結している事を、当然の事として
前提にしているはずだ。

そこでの「ダメだ」という評価に、それを言った者に対して、
傲慢な自己認識が伴っている…などと断じるべきであろうか?(反語)



では
「足を知る」「自分基準」を絶対視して、戒め、常にそれに基づいた
他者評価をせねばならない…とするべきであろうか?

…であるならば、
相手が自分より秀でている事が明らかであることによって、
大衆側は「必ず世界一になれる!」等々と、誇大に
応援・評価すべきなのだろうか? …それこそ歪んでいる。

代表落選者ですら、凡百の観戦者よりは確実に優秀である。




…と言うのも、今回のワールドカップの日本代表に対する評価なり
期待なり事前評価を他人事として聞いていて、そのようなものを
漠と感じたから。

政治においても、自分で考えることを放棄して、現政権を絶対的に
支持する者にもそのような傾向を見出す。
政権批判する者の意見も聞かずに、反対意見であることだけを
理由に、「反対は良くない」と。「ダメだダメだではダメだ」と。

反対のための反対はなんら建設的なものは無い。しかし、代替案も
あり、明確なデメリットを指摘しても、それらを無視し、反証足り
得ない明確な理由も検証も、なんら説明もせずに、無言で強行する
そんな政治を支持していて、「ダメだダメだはダメだ」よりも
ましだ…などと言えようか?

この偽善め!って言ってもいいよね?

  • 2006/07/23(日) 21:09:06

NHKスペシャル
急増「働く貧困層」〜働いても働いても豊かになれない

何故なのでしょう?




はぁ?!

そのような人間を生む…と明らかに判る政策を断行する政権を
無批判に放置してきて、なに言ってやがる!?

例えば、NHK討論などでも、野党の側の真摯な訴えを、露骨に
封殺して、政権与党の太鼓持ちを続けてきた結果ではないか!

様々な法案が通過し、政治的に手遅れになってから、
今気づいたかのように、こんな番組をぬけぬけと作りおって。

これを偽善と言わずして何と言おう?!

このような番組は問題提起などでなはい
これからさらに広がる現実の刻印だ。
このように惨めに死にたくなかったら、企業に隷属的に働け!
…という恫喝を伴った警告である。



再び高度経済成長前期のような、企業と国民との関係を儒教的で
無批判な父子関係、主従関係、君臣関係の社会を取り戻すのだ
…という意志表示でもある。

人権だの保険に加入させろなどと言う、外国人労働者なり、
非正規労働者なりパート風情が、寝ぼけたことをぬかそうのもなら、
直ちに解雇してそのような末路を迎えるのだ…と。解雇理由など
いくらでもなんとでも準備できるのだから。

そのような被差別民を身近に見ている正社員も、明日は我が身…と
怯えれば、上司への服従を強固にする。また、人間を差別的に見る
ようになり、道具のように使い捨てる覚悟を持った人間でなけりゃ
出世などできぬようにもなろう。帝王学だなどと持てはやされながら…。



勝ち組は平然と矛盾ある言葉を吐く。

お前らを養うために、競争力を高めるのだ…と。
だから、金持ちを扱き下ろすな! …と。

それはつまり、大企業金持ち減税を止めさせるな…って事だろう。
競争力を低下させないために…と。しかし、その内容は最初の言葉に
矛盾する。どんなに儲けても、それを他に回す気は無いってことだ。
結局、弱者が救われることはない。

「敗者の面倒を国は見ません。
 しかし、再挑戦できる仕組みは絶対に作らなければならない。」





はぁ?!

職業があり、収入があり、日々実践で職能を磨いている連中と、
出遅れて脱落した人間とで、なんの補助もなく対等の競争だ!とでも?
そんな仕組みをどんなに「公平」に準備しても作っても、固定化が
止まるはずがない。急速に加速するのが自明の理だ。
栄養失調の病人と、ヘビー級のプロボクサーとを同じルールで闘えるよう
リングに上る機会だけを作ってやろう…ってか? そんなもの、残虐な
虐待ショーにしかならないだろう。ローマのコロッセオで行われたような
下劣で悪趣味な虐殺という見せ物が現代にも必要なのか。
それはどんなに「公平」であろうと、弱肉強食以外の何物でもない。
敗者に明日は無い。

この世には、経営者しか存在していないとでも思っているのか?
事業を興し失敗した者が再挑戦するような場合しか想定していない
のではなかろうか? …と訝ざるを得ない。
それ以外は、人間以下の単なる取り扱い「商品」…ってか。

ホームレスがこの国で命を繋ぐには、やくざ・暴力団の鉄砲玉として
飼われ、何時唐突に死ぬかも知れぬ覚悟を持って生きるか、衰弱死
するのを待つか…それ以外の選択肢があるのだとは、想像がつかない。
宝くじに当たるかのような超・例外的でアテにするのも愚かしい奇跡を、
「可能性」として信じる事を除いては…。







-=-=-=-=-=-=-=- 追記
このような偽善番組は今後多少注目されはするだろう。が、
所詮、勝ち組の自己満足に利用されているだけだ。この現実に
心を痛めている…と、自分の良心を満足させる材料にしているだけ。
そんな需要を受けて供給されているだけ。泣きたいための映画、
叫びたいための絶叫マシーンなんかと同じ。「食い物」の一つ。
1970年代の反戦運動を引き継いだ貧困撲滅キャンペーンみたいなもの。
その盛り上がりに反比例して、貧富の国家間格差は益々拡大した。

私の見立てでは、あと5年もしない内に取り上げられることも
無くなろう。食い物にされるそれら存在がアタリマエに成り過ぎて。